トラベルサービス部

工藤 千紘

2014年入社

業務の先にお客様がいる、
その意識を忘れないように。

目に見えないお客様からの
感謝の言葉に励まされて。

私が担当しているのは、トラベル部門での航空券の差配・入金業務。そして航空会社に対する窓口的な業務。お客様と対面することのない、いわば裏方的なお仕事で、新卒からずっと携わっているのは珍しいと言われる、ちょっと特殊なお仕事を担当しています。お客様と直接関わる機会がないとはいえ、担当者の向こうには確実にお客様がいらっしゃる。そういう意識は常に忘れないように心がけています。ごくまれにお客様が予約していた飛行機に乗り遅れることがあるのですが、その際にも私たちが対応し、なんとか別の便に搭乗できる手配をすることがあります。そんな時に担当者を通じてお客様から感謝の言葉をいただくと、とてもやりがいを感じます。

一字一句のミスで搭乗拒否、
シビアさと向き合う発券業務。

お客様から感謝される場面がある一方、航空券の発券業務はとてもシビアで、記載された名前がパスポートと一文字違っただけでも搭乗を拒否されることがあります。例えば私の名前はローマ字だとKUDOU、KUDOH、KUDOOと、人によって記載方法はバラバラ。実は新人の頃、この最後の一文字を見逃して、お客様に御迷惑をかけてしまったことも。そのときには先輩方の素早い緊急対応で収拾したのですが、それ以来発券した航空券に関してはより慎重にチェックするように心がけています。そんな頼れる先輩方がいるトラベル部門はバイリンガル度が高く、女性が多く、ちょっぴり私語も多め。一人で何でもこなせる憧れの先輩社員もいらっしゃいます。

自分らしく過ごすオフタイムを
許容してくれる豊かな社風。

学生の頃から、地方で農業のボランティア活動をするのが私の趣味。今でも長期休暇になると地方へ出かけるため、ホンダ開発のワークライフバランスの良さにはとても魅力を感じました。きちんとお休みが取れて、オンとオフを切り替えられる。私のようなプライベートを過ごす人にはぴったりだと思います。そしてもうひとつの美点が、この会社のおだやかな社風。面接に訪れた際、通りすがりの社員の方から「今から面接?頑張ってね!」とのお声が。さらにエレベーターの中や廊下でも同様の場面があり、この会社に対する好感度が急上昇しました。最終的にこちらを選んだ決め手として、就活時の心を癒やしてくれたそんな出来事も大きかったと思います。

STAFF ONE DAY
スタッフの一日

トラベルサービス部門で働く工藤千紘さんの一日

  1. 8:30

    出社

    メールチェック等

  2. 9:00

    多いときには200名様分以上にもなる発券作業を開始。一字一句間違えが内容入念なチェックも。

  3. 12:00

    ランチタイム

  4. 13:00

    午後からは、イレギュラーの発券対応から。各航空会社との対応も行います。

  5. 17:30

    業務内容整理

  6. 18:00

    退社