事業管理部

黒丸 翔太郎

2015年入社

思いを貫き通して掴んだ
経理マンへの道。

意外にも経理部門は
社内コミュニケーションの中心。

現在の所属は管理課で、主に青山事業部の経理を一人で担当しています。とはいえ入社してから3年、勤務先は変わらずずっと和光事業部なので、そろそろ異動かな?と感じています。経理は少数精鋭の部門で、全社で正社員は15名程度、そのうち約半数が和光事業部に在籍。少人数なのでアットホームな雰囲気があり、とても働きやすい環境です。意外かもしれませんが、経理部門は各部門の情報がすべて集まるセクション。新しい企画が動くときには、真っ先に予算が組まれるので、あらゆる部門の方とコミュニケーションが広がります。私もどことなく経理=デスクワークのイメージがあったので、こんなに他部門との交流があるとは想像していませんでした。

依頼はわかりやすくていねいに。
会議での発表も少しずつ克服。

交流があるとはいえ、他部門では予算で扱うような数字が苦手なことも事実。経理は各部門にお願いして数字を提出してもらうことが多いので、最小限の負担で済むようにこちら側で事前にお膳立てすること、そして上から目線にならないように心がけています。またコミュニケーションの面で私が最も苦手としているのが、たくさんの人の前で話すこと。これも経理部門なら大丈夫かな、と予想していたのですが、営業会議に参加し、予算の進捗状況を報告するなど、意外と多くの人の前で話をしなければならない場面が。これに関してはまだまだ上手くなったとはいえませんが、以前に比べれば少しずつ緊張せず、そして短く簡潔に話ができるようになりました。

なんとなく受けるのではなく、
自分の意志を貫いた就活を。

就活をしていた当時、私は早々に他企業の内定をいただいていたのですが、どうしても経理職の夢を捨て切れませんでした。そんなときに巡り合ったのがこのホンダ開発の経理職の枠。それまでどちらかというと漠然と就活をして、なんとなく受けた会社は殆ど落ち、経理職ではない無難な内定をもらっていました。しかしこのチャンスだけは逃したくないと思い、面接の際にはどうしてもここで経理として働きたいと必死で自己アピールしました。その甲斐があったのか、何とか入社できたというのが私の入社までの経緯です。みなさんも本当にやりたい仕事があれば、ぜひ本気で受験し、アピールすることをおすすめします。本気度はきっと態度に表れると思いますよ。

STAFF ONE DAY
スタッフの一日

経理部門で働く黒丸翔太郎さんの一日

  1. 8:40

    出社

    メールチェック等

  2. 9:00

    午前中は担当する青山事業部からの伝票チェック、そして作成などを行います。

  3. 13:00

    ランチタイム

  4. 14:00

    午後からは、社内外との打ち合わせ、会議などに参加。会議に向けた資料も作成します。

  5. 17:30

    不在時対応・業務内容整理

  6. 18:00

    退社