1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 環境・社会活動

ABOUT
COMPANY

CSR
環境・社会活動

CO2の排出抑制や廃棄物の削減、
事業部周辺の清掃活動や地域の方々との交流など
環境・社会活動をご紹介します。

環境への取組み
ENVIRONMENT

CO2の排出抑制や、廃棄物の削減に貢献

地球温暖化等の環境問題が深刻化する中、ホンダ開発では、事業活動を通じて、CO2の排出抑制や、廃棄物の削減に取り組んでいます。また、Hondaグループ各社の食堂や喫茶の運営においても、各社環境活動を通じて貢献できるよう取り組んでいます。不動産・建設部門では、ソーラーパネルの販売やコージェネレーションをはじめとした省エネ型住宅の提案を行っています。

社会貢献活動
ACTIVITIES

事業部周辺の清掃活動や、地域の方々との交流

ホンダ開発では、従来よりそれぞれの事業部で、地域への貢献を目指した地道な活動を行ってきましたが、創立50周年(2009年)を機に、さらに活動に力を入れて、全社的に取り組んでいます。事業部周辺の清掃活動や、地域の方々との交流などを積極的に行っています。
【和光市での清掃活動実績】2019年度3回開催 参加者延べ数:251名

「くるみん」マークを取得
KURUMIN

ホンダ開発は、次世代育成支援対策推進法に基づき、2012年に埼玉労働局より基準適合一般事業主認定を受け、次世代認定マーク「くるみん」を取得しています。(2016年に再認定)
当社では、2009年より、次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定し、取組みを進めてきました。従業員の仕事と子育ての両立を支援し、「活き活き」と働ける環境を目指して、引き続き活動を進めていきます。

次世代育成支援対策のための行動計画

従業員の仕事と子育ての両立支援をはじめ、すべての従業員が「活き活き」と働ける職場環境をつくり、一人ひとりが自身の能力を十分に発揮できるようにするため、次の通り行動計画を策定します。

計画期間

2020年4月1日から2022年3月31日までの2年間

内容
  • 目標1

    子どもが生まれた際、父親の休暇取得を促進するために制度の周知を行い、計画期間内に複数の男性従業員が、育児休業を取得するための措置を講じる。

    対策

    2020年4月~ 対象者へ働きかけると共に、育児休業の短期取得も可能であることを周知する

  • 目標2

    仕事と家庭の両立支援のため、育児休業明けにフルタイム復帰出来ない従業員や、配偶者の転勤等によりキャリアの断絶を防ぐための制度の理解を促進する。

    対策

    2020年4月~ 対象者へ利用可能な制度をあらためて個別に説明することで、理解浸透および活用を促進する

  • 目標3

    全女性従業員がそれぞれ思い描くキャリアを築き、活躍できるようにするための育成施策を実施する。

    対策

    2020年4月~ キャリアデザイン研修の企画検討

    2020年9月~ キャリアデザイン研修の実施